お知らせ

カテゴリー「帯」のお知らせ

『織りの着物で表す礼節』

2023.01.29

『織りの着物で表す礼節』 勝山健史さんの帯を、2枚の織りの着物で装いに変化をつけた美しい着姿です。 <青い着物:志賀松和子作品> <白鷹織風通崩綾織の着物> 染織家 志賀松和子さんが来場されるのに合わせ、彼女の織りの着物に、家紋(定紋は丸い違い鷹の羽)をア……

READ MORE

『ユニセックス』

2023.01.06

  着物は結城縮み、羽織に見立てたのは、重めの縮緬に格子のシケ引き。 女もの着物としては、川村成さんの帯を。 男もの着物としては、諸紙布の角帯を合わせてあります。 羽織は袷仕立てにしますが、結城縮みは、一衣舎による総居敷当仕立(単衣と袷に着用出来……

READ MORE

家紋の刺繍紋について

2023.01.06

縫紋をつける着物は様々あり、染めの着物、織りの着物に、家紋ではない飾り紋を付けたりと、黒留袖、色留袖、喪服などの決まり事がある着物以外では、その楽しみ方や用途は沢山あります。そうした場合、まず考えるのが、男性主体の社会制度で作られた家紋が、今の女性の着物に……

READ MORE

2022年秋 麻布 なか志まや 名古屋展のお知らせ

2022.09.12

『麻布 なか志まや 名古屋展』 10月1日(土)~4日(火)4日間 *1日(土)は、12:00~18:00  2日(日)3日(月)は、10:00~18:00  4日(火)は、10:00~16:00 まで 会場:名古屋美術倶楽部3階広間にて 秋の名古屋展、名……

READ MORE

青と墨銀 光りと蔭(かげ) 陰翳礼賛

2022.01.22

少し暗めの照明の中で、青と墨色の揺らめきに、吸い込まれる様に近づいて行ってしまったのがこの帯です。 墨色は銀箔でした。引き込まれたには訳があり、この配色は頭の片隅に映像の記憶がありました。それはMOA美術館が所蔵している、杉本博司氏の『月下紅白紅梅図』です……

READ MORE

青と言いますか、藍と言いますか、そして茶と。

2021.09.15

青と言いますか、藍と言いますか、この辺りの色目は、その染織の仕上がり具合によってモダンであったり、ダサくなったりする難しい色のように思います。ただお似合いになる『青の着物』をお召しになったお客様の着姿はとても魅力的です。 染織家・志賀松和子さんの新作、青の……

READ MORE

横内佳代子さんの帯が入荷しました!

2020.12.03

長野県松本で光佳染織という工房をやられている横内さんの作品です。確かな染め織りの技術で、着手の為に着心地の良い着物、締め易い帯を作られています。今回は定番の吉野格子。商品紹介欄にもいれましたので、是非詳細をご覧下さいませ。  

READ MORE

良い色の結城無地が2つ揃いました!

2020.12.02

グレー系とベージュ系、その濃淡の色目は、なか志まやで着物の地色を考える時の基本色としていて、この2反の地機結城無地は、それをよく表してくれているように思います。結城はお客様と長い年月を共にする布、愛用して頂く着物の代表的な存在です。季節感を感じさせない(ノ……

READ MORE

なか志まや・一衣舎 東京二人展は12日(木)より4日間

2020.11.09

11月12日(木)より、なか志まや 一衣舎 東京二人展です。 なか志まやでは、染織の新作を発表致しますので、SALE品共々、どうかご覧になってみてください。意外と最近の作品もSALEになっていたり、鼻緒と真綿入り草履台などもあったりします。 またSALE品……

READ MORE