お知らせ

カテゴリー「店主日記」のお知らせ

振袖のお誂え 2022年のお祝いにむけて

2020.09.22

名古屋三人展の会場で、振袖の誂え染めの注文の為、お母様、娘様、そして京都から小阪さんに来場して頂きました。試着して頂いた数枚は、どれもが素晴らしく感動を覚えた程です。無地感の着物が多い会場に、まるで生き生きとした花を活けたようでした。 麻布なか志まやでは、……

READ MORE

まだまだコロナ禍での名古屋展、無事終了致しました。

2020.09.19

麻布 なか志まや名古屋展、無事に終了致しました。ご来場下さった皆様、本当にありがとうございました。 会期の後、熱田神宮、伊勢神宮外宮、内宮へと脚を伸ばし、皆様の安寧と平穏な日本を祈念して参りました。心の片隅には仕事が充実しますようにと祈ってしまいましたが、……

READ MORE

『馬と牛』

2020.08.13

『馬と牛』と見て、米津玄師の『馬と鹿』に空見してしまった貴方、きっと私とお友達になれます。 作法も確かでなく、こんなにちゃっちい馬と牛では、さぞかしご先祖様もがっかりとされている事であろうと、思いを馳せるのですが、私がやれるのはこの程度です。ごめんなさい。……

READ MORE

七竃入りました!

2020.07.27

七竃(ななかまど)を活けて貰いました。相方は定番のドウダンツツジ!ドウダンの緑と七竃の赤が、自然の山のようにぶっかって活き活きと感じます。20年近い付き合いの華道家・澤田佳与子さん。新宿なか志まや時代から店の玄関の生け花は全て彼女の手に依るものです。

READ MORE

勝山健史さんの『夏の水色』

2020.07.13

画像は勝山健史さんの『夏の着物・綺芙織生絹平織』と『夏の帯・木瓜文』です。どちらも、水色を主とした作品ですが、塩蔵繭から挽いて生絹使いの織物の美しさ、特にこの水色使いは本当に美しい布となっています。着物はお客様のご希望の色目、帯はなか志まや用に配色にして別……

READ MORE

リング

2020.07.13

梅雨の曇り空に太陽のリング。今日は麻の着物で気持ち良さそうですね。

READ MORE

昭和の香り

2020.07.12

風の通りを良くするため、あらゆる方向の窓を開ける事が多くなりました。その為、この時期は例の『蚊』の侵入を許す事もあります。近頃では近代的な様々な防止剤、その形態も多種あるのですが、わたしはこれにしてみました。幼い頃に居た実家を思い出す香りがします。 下の階……

READ MORE

咲いた!

2020.06.30

アーティーチョークの花が咲きました!生まれて初めて見ました。『紫!なんだぁ〜!』夜に気付いて画像は暗いですが、そのせいか、どこかセクシーな花姿です! 咲く前は、どちらかというと厳めしい男前な姿でしたが。       &nbsp……

READ MORE

生花を替えました。

2020.06.25

どうだん、アーティーチョーク、そして白樺です。今回は白樺を加工して台を作り、大胆に斜めに伸び伸びと活けて貰いました。大好きなどうだんの季節です。ちなみに、アーティーチョークと聞けば、食べ物よりも勝山健史さんの帯を思い浮かべるのは呉服屋の性(さが)ですね。 ……

READ MORE

着物と帯の撮影準備。いってらっしゃい!

2020.06.25

撮影に向かう着物と帯のセットです!綺麗に撮影してもらえますように〜。(8月20日頃雑誌でみれるようです) あと自分の写真を撮らないといけないのですが、、、、これが難関。着物や帯を綺麗に撮影するのは慣れてますし、ちょっとは自信あるのですが、自分自身はね〜(ぜ……

READ MORE